電力の必要性について|暮らしに身近な電気を大切に

MENU

50ヘルツと60ヘルツの違い

50ヘルツと60ヘルツの違い

電気には50ヘルツと60ヘルツがあることが知られていますが、同じ日本でありながらどうしてこのように別れてしまったのでしょうか?また、50ヘルツと60ヘルツの違いは何なのでしょうか?

 

まず分かれてしまった原因を説明すると、有名な話かもしれませんが、各地方が導入した発電機のヘルツがそのまま使用されているからというとです。

 

関東にはドイツから50ヘルツの発電機が、関西にはアメリカから60ヘルツの発電機が輸入されました。それがそのまま今まで続いているということです。

 

ヘルツの違いで、一番多き問題は使えないものがあるということです。洗濯機や電子レンジなどはヘルツが違うと作動しません。購入の際に50Hzか60Hz化を確認して購入するようにしましょう。

 

そのまま使える家電としては、アイロン、テレビ、パソコン、電気ストーブ、などがあります。そのまま使えるけれども、性能が変化するものは、扇風機、換気扇、掃除機などがあります。

 

このようにヘルツの違い家電を買い揃える必要があります。また、注意しなければいけないのが、引っ越しです。引っ越しする前には50ヘルツの電力で生活していたのに、引っ越し先が60ヘルツなら、家電を見直す必要に迫られるでしょう。