電力の必要性について|暮らしに身近な電気を大切に

MENU

電気使用量の平均

他の過程と、自分の過程との電気料金を比べてみたいと考えている方は多いのではないでしょうか?「電気料金を教えてください。」と質問するものストレートすぎて気が引けるものです。

 

しかし、電力会社では、各家庭の電気使用量の平均を後悔しているところもあるので、その平均値と、ご自身の過程での電気使用量を比べてみるのもいいのではないでしょうか?

 

 

一般的なご家庭の電気資料料金の平均を紹介したいと思います。

 

家族構成が2人の場合には、一日の電気料金の平均は300円ほど、3人の場合は350円ほど、4人の場合は400円ほど、5人の場合は450円ほどとなっています。

 

また年間を通じて、電気料金の変化します。おそらく、冬場などはオール電化のご家庭は夏場に比べると、電気料品が跳ね上がってしまう傾向があるようです。このように季節臭い時手も節電の方法を考える必要があるようです。
冬場の電気料金が上がるのは、電気給湯器の電気使用量が上がるためだと考えられます.

 

夏場は外気温度があったかいので、それほど電力を消費せずにお湯を作ることができますが、冬場はどうしても水温が冷たいので、そこからお湯にするのに、余計に電力を使用してしまうようです。

 

そのために、電気使用量の平均も冬場は上がる傾向があるようです。